渋谷バイトの面接は本気度を伝えて採用ゲット!

渋谷アルバイト最前線

やりたい仕事がきっとある!渋谷でバイトしよう!

おすすめ記事

  • トレンドに敏感な人々が集まる渋谷には、お洒落なカフェも続々とニューオープンしています。コーヒー好きな人、カフェでバイトしたい人なら、渋谷のお洒落カフェでバリスタを目指してみては?

  • アパレル、ファッション業界に興味があるなら、ファッショントレンドの発信地、渋谷でバイトしよう!世界に向けてファッション文化を発信する渋谷は刺激と魅力にあふれています。

本気度を伝える面接を

商売も求人も激戦区の渋谷。そんな渋谷のバイト面接で採用を勝ち取るためには、本気度をきちんと伝えることがポイントです。言葉にすると当たり前のように感じますが、会社側は本気で働きたいと思ってくれている人と一緒に仕事がしたいと思っています。

本気度はどこで見るの?

面接では本気度を伝えてと言われても、どう表現したらよいかわからないという人もいるかもしれません。やる気あります!とか、本気です!とか言えばいいっていうものではありませんよね。
やる気や本気度、真剣度合いというのは、その人の言動の端々に自然と表れるものです。少し言い方を変えると、やる気や熱意は積極性や自主性として表れることが多いでしょう。たとえばやる気のある店員さんは、率先して声を出しますよね。黙って突っ立っている店員さんを見てもやる気は感じられません。やる気は「率先して自ら声を出す」という積極性として表面に表れるのです。これを面接に置き換えてみましょう。

本気でバイトしたい人の特徴

その会社に採用されたい!と本気で思っている人が面接で見せる言動の特徴を紹介します。
まず、面接で必ず聞かれる「志望動機」を自分の言葉で語ることができます。面接官は数多くの面接を担当しています。マニュアル通りの志望動機は聞き飽きていますので、自分で考えた言葉なの0か適当なのかはすぐに見抜かれます。本気で入社したいと思っている人がマニュアル通りの志望動機を言うはずがありませんよね。もうひとつの特徴は、面接前の事前準備です。本気でその会社に入りたいと思う人は、面接の前にその会社のことをよく調べています。これは恋愛に例えるとわかりやすいと思います。遊び相手とのデートでは相手の好みや趣味をわざわざ考えようとは思いませんが、本気で好きな人との初デートでは出来るだけ相手の好みを調べておきたいと思いませんか?どんな服装が好きなのかな、とか、どんな食べ物が好きなのかな、など、いろいろとリサーチしたくなりますよね。それと同じことです。面接でも、自分がバイトできるかもしれない企業に興味があるから調べるんです。相手企業のことを何も調べずに、本気で働きたいんです!と言ったところで伝わりません。面接前には企業や店舗のホームページはくまなくチェックしておきましょう。

何事もほどほどが大切

また恋愛の話に戻してみましょう。好きな人のことは、何が好きなのか何が嫌いなのかなど、色々と知りたくなるものです。でも、その興味が度を越してしまうと…ストーカーになりかねませんよね。相手のゴミ袋をあさったり、携帯を勝手に見るなど、行き過ぎた行為につながってしまいます。面接もこれと同じケースがあります。入社前からあまりにも思い入れが強すぎると、採用側としては少し厄介だというイメージを持ってしまうことがあります。熱意があることと、思い込みに走ることは、少し意味が違いますよね。自己主張が強すぎると他の社員とうまくいかないかもしれない、協調性がないのでは、という印象にもつながります。何事も程よいバランス感覚を保って吉です。

本気度を伝える面接を