渋谷でバイトをするなら、希望条件を整理して挑もう

渋谷アルバイト最前線

やりたい仕事がきっとある!渋谷でバイトしよう!

おすすめ記事

  • トレンドに敏感な人々が集まる渋谷には、お洒落なカフェも続々とニューオープンしています。コーヒー好きな人、カフェでバイトしたい人なら、渋谷のお洒落カフェでバリスタを目指してみては?

  • アパレル、ファッション業界に興味があるなら、ファッショントレンドの発信地、渋谷でバイトしよう!世界に向けてファッション文化を発信する渋谷は刺激と魅力にあふれています。

まずは自分の希望条件をチェック

バイトを申し込む前にまず行っておきたいのは、自分の希望条件をしっかり決めておくこと。それはバイトの面接申し込みの電話をした時に、ある程度の条件を聞かれることがあるからです。ここで曖昧な返事しかできなくては、面接すら断られてしまうことがありますし、条件がまったく合わない企業の面接を受けても、自分も企業側も時間が無駄になります。多くの企業が立ち並ぶ渋谷だからこそ、バイトに応募する人の数も多いはず。まずは以下で紹介するように、働ける状況や職種、希望条件を考えてから申し込みをし、余裕をもって面接に臨み、採用を目指しましょう。

自分の働ける状況をしっかり確認

最も大切なのは、働ける期間。短期なのか、長期で続けていきたいのかを考えておくことが必要です。情報誌などに掲載されている募集条件に、「6ヶ月以上働ける方優遇」といった企業側の希望期間が書かれている場合、1ヶ月しか働かないつもりでは採用されるのは難しいでしょう。もし短期でのバイトを希望するなら、どのくらいの期間働けるのかも把握しておきます。また働ける時間帯や曜日も明確にしましょう。勤務時間は何時から何時までなのか、週に何日くらい働けるのか、働ける曜日は限定されているのかを考えておきましょう。曖昧にしたままバイトを始めてしまった場合、無理なシフトを組まれて困るのは自分です。勤務時間の希望はないと言ったにもかかわらず、いざシフトが組まれてから実はそんなに働けない…とならないためにも、働ける時間をはっきりしておく方が企業側も安心して採用できます。

自分が働ける労働条件ははっきりと

給料は時給、日給などの場合がありますが、いくら程度なら自分はそのバイトをできるかを事前に考えておきましょう。企業によっては、バイト開始時に研修期間が設定され、その期間中は給料が低い場合もあります。そうした条件が企業側から出てきたとき、事前に考えておけば迷わずにすみます。特に募集時の時給に幅がある場合は、自分が働ける給料を明確にしておくことが大切です。給料については、なかなか口にしにくいかもしれませんが、バイトをする理由は多くの場合、やはりお給料を得るため。自分の給料条件を事前に考えておき、気になることがあれば面接で聞いておくと安心です。また、意外と見落としがちなのが交通費です。出勤するごとにかかる費用なので、支給されないとかなりの出費になる可能性もあります。交通費が支給されるかどうかは必ず確認しましょう。交通費に上限が設定されている場合もあるので、自宅から勤務地が遠い場合はより注意が必要です。

希望の職種と働きたい理由を明確に

バイトの面接時だけでなく、面接申し込みの電話をした段階でも志望動機を聞かれることがあります。そんな場合のために、なぜそのバイトがしたいのかを簡単にまとめておきましょう。さまざまな業種の企業が並ぶ街・渋谷で働くには、どうしてその仕事がしたいのかを早めに明確にしておいたほうが採用される確率もアップするはずです。また、例えば居酒屋でのアルバイトには「ホール係」や「調理補助係」があるように、一つの企業のバイトの中でもいくつかの職種が募集されていることがあります。その場合は職種ごとに採用人数を決めている企業も多いため、面接申し込みの時に希望職種を聞かれる場合が多いでしょう。複数の職種が募集されているときは、どの職種で働きたいかを決め、希望職種に対する志望動機を考えておきましょう。ただし、企業が特定の職種に限定して募集をしている場合、それ以外の職種で働きたいと希望するのは難しいでしょう。募集されている職種の中から、希望職種の志望動機を考えましょう。

まずは自分の希望条件をチェック